スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/15の深夜

昨日超残業をしてまいりました

会社出たの22時30分でございます

寮に付いたの0時頃でございます


えへっえへへ

仕方ないじゃん色々あったんだもの


何があったかは続きぃ~





定時になりました


自分の仕事を終えてさあ帰ろうかなーっていうとき


同期のNさんがパソコンの前でしかめっ面をしていました


見ると研修のレポートを必死で修正してました




俺「そんな(険しい)顔で大丈夫か?」


N「大丈夫だ、問題しかない。っていうか何や、顔ってw」


俺「いやあ、すごいしかめっ面だったやん。困ってるん?」


N「うん、レポートの締め切りが今日なんよ。
  
  で~これの文章がちょっとおかしい気がするねん。」


俺「へえ~、どれどれ・・・。」





という感じで研修レポートの修正を・・・


主語がこれだのこの熟語の意味が何だの・・・


1時間強続けてました


紆余曲折ありながら完成したので教育担当のM殿に報告・・・のはずだった




M殿「ごめん、今忙しいねん・・・。あと2時間ぐらい待っとってくれんか?」





俺&N「(´゚ω゚`)!?」



俺「えっと、今19時で、あと2時間・・・って21時やん!!!
  
  どういうことやねん!!その仕事のちょっと留めるとかできんの!?(心の声)」



もちろん言いませんよ


上司に向かってそんなこと・・・




しょうがないので何か作業を探して時間を潰そうと思った途端


俺「そういえばYさん(大先輩)の仕事があったなぁ・・・。」


丁度Yさんに「時間が空いたらやっといてほしい。」と頼まれてる仕事があったのでそれをすることに



N「う~ん、お腹すいたなぁ・・・。」


俺「だなぁ~・・・。帰りにどっか食べに行こうや~」


N「ええなぁ~。どこにする?」



などと帰社後の計画を立てる二人



俺「○○とかどうかな、あそこの海鮮丼また食べたいなって思ってたんよ」


N「ええね、そこにしよっか。」


俺「でもさ、こんな時間で大丈夫か。(本日2度目)」


N「∑(´・Д・|||)」



冗談が通じなかった



N「あれ、ちょっとやばいかも・・・。終電がやばいかも・・・。」


俺「・・・M殿の終わり次第で考えよっか・・・。」


N「うん・・・。」



Nさんが自宅へ帰るまでの電車がピンチということに気付く



そんでもって約束の9時


事務所へ戻りM殿の様子を伺う




N「何か急がしそうやね・・・。」


俺「聞いてみな分からんでしょーが。」



ちょっぴり腰が引けてるNさん


物事は貪欲にいっとかんと損するねん覚えとき


そして背中を押す俺


恐る恐る話しかけるNさん




N「M殿、ちょっといいですか・・・?」


M殿「ん?ああ、レポートね。ちょっと見せてみ。」



ほらね、言ってみるもんだろ


Nさんが振り向き・・・



N「(*‘▽‘ *)」


俺「(´゚ω゚`)b」



思わずアイコンタクト


これでやっと解放される・・・と思っていたのかぁ?

CV:ブロリー


まさにそんな感じ




M殿「この辺の文ががちょっとなぁ・・・。これが(ry」




おおっと・・・まさかの修正入りました


これはさすがに俺は入ることはできん・・・と判断して自分の仕事を始めることに


書類を数枚出してチマチマとチェックを打っていく


なぜこの2時間これをやらなかったかというと


明日の暇つぶしに使うつもりだったのさ・・・


先ほどの仕事と同じ「暇があったらやっといて」レベルの代物だったのさ・・・



そんなこんなでさらに1時間弱



それまでの間?覚えてないさそんなの


自分の仕事に夢中だったもの


暇つぶしを完全に潰すほど集中してたんだもの・・・





22時をちょい過ぎた頃


やっと解放される二人





N「ごめんね・・・食べに行けへんわ・・・」


俺「気にせんでええよ。今日じゃなきゃあかんわけでもないしな」




Nさんの終電がけっこう厳しいらしい




N「けっこうヤバいなぁ・・・」


俺「電車なかったら車で送ってこか?」


N「ええの?ちょっと遠いよ?」


俺「私は一向に構わんッッ!!」


N「出たww」




話しててもしょうがないのでいそいそと会社を後にする




そして驚くほど地下鉄の空き様



俺「わー、さすがに空いてんなぁ」


N「まぁこんな時間やしなぁ・・・」


俺「腹も空いてるけどなw」


N「うまい」


俺「うまいもん食いたいなぁ」


N「ほんまそれな・・・」



あれ、今思えば俺のセリフなんかおっさんっぽい


いやいや、まだ未成年ですから





俺「じゃ、俺阪神電車だから。」


N「おー、じゃーねー( *‘ω‘ *)ノ」


俺「(´゚ω゚`)ノシ」



こっちに手を振って帰っていくNさん


こっちも手を振り、乗り換え先の改札へ向かう


予想通りの空き様



俺「こんな空いてるんならこの時間まで仕事しててもええなぁ・・・」



もちろん心の声


独り言なんて怖いのでしません



結局帰りにコンビニ寄って食いもの買って帰りました



Nさんから連絡が無いので無事電車に乗りこめたのでしょうな




寮に付いたのは0時過ぎ


飯食って風呂入っておやすみなさい(。-ω-)zzz. . .



また、明日も頑張りましょう。



                                                                  おわり
















というお話だったのさ


どうもこういうのを書こうとすると妙に小説とかっぽくなってしまう


小説家の才能でもあるのかしら。


などと冗談を言いつつ〆に。おやすみなさい



また、明日も頑張りましょう

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です><

1人暮らし満喫してそうでうらやましいわw


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。